使用者が語るフレッツ光回線を未だに使っている人いる?すぐ変えたほうが良い3つ理由

フレッツ光回線をまだ使っている人っていますか?
私は実はまだ使っていますw

契約したのが、2013年頃。

そこから使っています。

 

その頃ってまだ光コラボができる前の話でそれが理由でそのまま使っているんですが、これリアルに止めたほうが良いですね。

理由は

  • 「料金が高い」
  • 「wifiが飛ばせない」
  • 「遅い」

っていう理由です。

気にならない人はこのまま離脱してください。気になる人はお読みください。

フレッツ光回線はクソの役にも立たない

上記3つの理由でほぼほぼフレッツ光回線の意味がないというのはなんとなくわかると思います。

これを使用者から具体的に語ると、どのようにダメかというとまず「速度」。今現在私は普通の戸建に住んでいます。その平均速度は「20Mbps」です。

更に夜の平均速度は「10Mbps」です。

これホント。

 

この時代にですよ?

 

モバイルwifiの方が速いんじゃないのか?というレベルということです。

動画も途切れるの当たり前だしね。
普通にクソレベル

そして、「料金が高い」という点ですが、私はこれについてもあまり気にしていなかったです。

 

ですが、料金を確認してみたところ「2枚の請求書」がありました。

 

それぞれ「4500円」「2000円」で合わせて6500円。

高い。普通5200円くらいが平均と呼ばれています。

 

高いよ~~。親が払ってくれていることもあって気にしていないかったのですが、やっぱりこの差とクオリティでは高い。

あと「wifiが飛ばせない」という件についてですが、2013年頃ってwifi飛ばすONUなかったようです。

ランプがありませんでした。

スーパーショック 😯

 


これを知ったきっかけは携帯ショップに聞いた時にわかりました。

なので、家でもスマホでwifiに飛ばせません。

そのせいで使い放題プランを使っています。

これでもかなり費用の削減になりますね。

そろそろ光回線変えないとなぁ…と思っています。

とはいっても変えない4つの理由は何?

これ共通する人が世の中でもいると思うのですけど、

「解約金」

「工事がめんどくさい」

「契約場所」

「返却作業」

という理由です。

絶対これって皆思っていると思うんです。変えない人の理由でね。

特に解約金の問題。

これが感覚的に高いというイメージが否めないと思います。

 

ただ光コラボにする場合は全然別なんですけどね。恐らく1万円も掛からないし、無料でできる場合も多いです。

光回線の光コラボの契約場所によりけりですが。。

なので、実はあんまり問題ない。

もう一つは工事がメンドクサイ。

これはあると思います。

 

私もそう思います。

特に立ち合いが怠い。

 

作業自体は1時間以内で終わるんですけどね。あとは「契約場所」ですね。
これ実は1番重要。

一般的に「ヤマダ電機やエディオン、ビッグカメラなど大手」や「携帯ショップ」でやる人多いと思います。しかし、間違いなくおススメできない。

 

なぜなら、単純にお得じゃないから。というよりも普通に損するレベル。特にダメなのが、家電量販店。回線の仕組みとして、ここで契約できるのは代理店業者の契約場所からするんです。こういう場所に来ている代理店って、キャッシュバックがクソなことが多いんです。

どうクソかというと「手続きをクソ複雑化して、実際は受け取れない」という仕組みにしているんです。携帯料金プランみたいに意味をわかりにくく、法律的に複雑化して「書面で書いて契約したから私たちは悪いことにしてませんよ」と仕組みにされています。

基本的にはです。でもそれがほとんどです。
あと携帯ショップ。意外ですが、ここは単純にキャッシュバックが少ないor魅力ないです。なので、本来は優良代理店で契約するのがBEST

まとめ

…とまぁ、私は一応知識はあるのですが変えていませんw

なぜかというと今は引っ越しを考えているからです。

 

なので、引っ越してからでいいや!という気持ちです。あともう一つ最大の理由があるのですが、「メンドクサイ」から。他にやることがあるからなんですが、それが理由です。

普通に考えれば即効で変えたほうが良いです。

 

皆さんマネしないように

 

>>ネット回線ってそんなに速さって必要?手頃な回線も知りたいぜ

>>ネット回線の料金や最近の傾向ってどんな感じだろう…2020年編

 

auと携帯を持っているなら固定回線はコレが無難!家計にも優しい

インターネット回線をお探しの方で、auのスマートフォンをご利用の方いますか?
auのスマートフォンをご利用の方におすすめなインターネット回線があります。

そんなのあるのと疑問に思うかもしれませんが、実は知らないと損をしてしまうとってきの情報なんです。
なぜなら、インターネット回線の月額料金を安く利用できるからなんですね!

それではこの記事でauユーザーにおすすめなインターネット回線について解説します。

 

auとセットで割引になるインターネット回線を利用しよう

auユーザーにおすすめなインターネット回線とは、ズバリインターネット回線とセットにすることで割引になるところです。
auセット割やauスマートバリューで割引にすることができます。

 

以下の回線がauのスマートフォンを利用している方が割引になるインターネット回線です。
・auひかり
・ビッグローブ光
・So-net光
・@nifty光
・ピカラ光
・BBIQ
・メガエッグ光
・WiMAX
・コミュファ光
・eo光

こんなにもありますが、地方限定の回線もあります。

BBIQは九州地方限定で、ピカラは中国地方限定、メガエッグ光は四国地方限定、コミュファ光は中部地方限定、eo光は関西地方限定です。

auのスマートフォンユーザーは基本的にどの回線を選んでもいいのですが、選べないところもあるのでご注意ください。

 

auひかりは利用できないエリアがある

auのスマートフォンユーザーで、真っ先に目が行くのは同じauの名前があるauひかりではないでしょうか。
auひかりは全国的にエリアが広がってますが、中部地方ではマンションタイプのみしか利用できません。

これは同じグループ会社のコミュファ光のエリアのため競合しないために利用できなくしてます。

コミュファ光はauひかりと同じKDDIの回線を利用してます。
つまり、名前は違うけどほぼ同じサービスを受けることができます。

auひかりは5Gbpsと10Gbpsの通信速度のサービスを展開していて、コミュファ光も利用できます。

>>インターネット回線は代理店から申し込むのが絶対な理由|意味がわかったから言えること

 

地方電力とauひかりはどっちがいい?

地方電力系のインターネット回線のメガエッグやピカラ光、BBIQは月額料金が安くauひかりと悩む方も多いです。
同じ独自回線なので通信速度は安定し、地方ならではのサービスがあります。

どちらがお得になるかを計算してから選ぶ形でもいいですが、キャッシュバックの金額を比較してもいいでしょう。

auひかりは高額なキャッシュバックキャンペーンを行っていますので、貰えるものはもらった方がいいですね。
地方ではまだauひかりは5Gbpsや10Gbpsのサービスお行ってないので通信速度に差はありません。

地方電力系は解約時に撤去工事が必要でそれが高額などデメリットがあります。
今後乗り換える予定がある方は不向きかもしれませんね。

 

マンションは光コラボの方がいい?

お住いのマンションによっては光コラボであるビッグローブ光やSo-net光、@nfty光の方がおすすめな場合があります。
それはマンションに光コンセントが設置されている場合です。

比較的新しいマンションならば光コンセントが設置されていて工事不要でインターネットが利用できます。

光コンセントはNTTのものなので、NTTフレッツ光の回線を利用した光回線しか利用できません。
つまり、auひかりやコミュファ光、ピカラ光、BBIQ、メガエッグ、eo光では光コンセントを利用することができません。

光コンセントがせっかく設置されているのに他の回線を利用すると、工事が必要なので開通まで時間がかかり工事費がかかります。

無駄な費用がかからない、かつ工事不要で開通まで期間が早いフレッツ光の光コラボを利用した方が光コンセントが設置されているマンションの方がお得です。

 

モバイル回線を利用したいならWiMAX

光回線のような固定回線ではなく持ち運びできるモバイルWi-Fiを利用したいとお考えですか?
モバイルWi-FiはポケットWi-FiやWiMAX、クラウドSIMがありますがこの中でおすすめなのがWiMAXです。

WiMAXはauスマートバリューmineという割引でauのスマートフォンが最大1000円割引になります。
auスマートバリューは家族4人がauならば4人とも割引になりますが、auスマートバリューmineは契約者一人のみの割引です。

では実際にWiMAXがいいものなのか気になるところですがもちろんおすすめです。

 

ではWiMAXがなんなのかについて解説しますね。
WiMAXはUQモバイルが運営しているモバイルインターネット回線のサービスです。
UQモバイルは格安スマホでも有名ですが、WiMAXサービスの方が個人的には主流な感じに見えますね。

WiMAXはモバイルWi-Fiの端末からWiMAXの電波とauの電波を出します。

auの電波はハイスピードエリアプラスと言うモードを端末で手動で切り替えることで月額1000円追加されます。
WiMAXの電波が届かないところでauの電波を使う形になります。

 

WiMAXを通常契約ではこの形ですが、プロバイダから契約した場合はこのハイスピードエリアプラスモードが月額料金に含まれている形でしかも安いのでお得です。

auのスマートフォンを利用しているので、auの電波が入るかどうかわかりますね。

WiMAXの速度は456Mbps〜1.2Gbpsです。
インターネット光回線はプロバイダによって通信速度に影響が出るものですが、WiMAXはどのプロバイダを選んでも速度や通信制限に違いはありません。
ただし、通信速度は利用する端末によって違いがあります。

端末によって最大通信速度が違い、東京・大阪・名古屋を中心に高速通信が可能でエリア対応地域によっては下り最大220Mbps、または最大110Mbpsの速度になります。

都会に行くほど通信速度が早く田舎に行くほど通信速度が遅いです。

 

どれを選べばいいの?

ここまでauのスマートフォンをご利用の方におすすめなインターネット回線を紹介しましたが、どれがいいのかわからない方もいますね。
まとめますと、光コンセントが設置されているマンションなどのお住いでは光コラボのビッグローブ光やSo-net光、@nifty光から好きなものを選ぶといいです。
戸建ではauひかりを選ぶといいでしょう。

そうは言っても地方電力系も魅力的なので、比較して納得したものを選んでみてはいかがでしょうか。

ネット回線ってそんなに速さって必要?手頃な回線も知りたいぜ

インターネットを利用していて、動画ファイルなど大きなサイズのファイルのダウンロードをしていて長い時間がかかったり、YouTubeなどのネット動画の視聴をしている途中に画面がとまってしまったなんて過去がある人は、安定した高速通信の光インターネットにすぐにでも変更することをやらなきゃ損です!

 

住所が西日本の場合に関しては、こうだと言い切れない箇所が少し引っかかりますが、一方東日本エリアに住所がある方は、auひかりにすることを選んだケースのほうが、フレッツを凌ぐスピードでインターネットをご利用いただけます。

但し、プロバイダ選びや立地場所によって速度は変わるし一概には言えないが平均的にはそのような意見が多い

 

おなじみのADSLは必要な費用と速度のバランスが優れているインターネット接続の素晴らしいサービスなのです。人気の光回線と比べてみて支払う料金が完全に安いというのはありがたいのですが、いただけないのはNTTからの距離が長くなれば、どうしても回線速度が下がるところは弱点です。

 

最近はフレッツ光回線よりも他の回線もシェア増えている

近年どんどんシェアを伸ばしているauひかりは、整備されていたKDDIの回線を併用した光インターネットサービスです。auひかりはNTT関連の回線と比べて、それ以上にハイスピードなのが大きな魅力になっています。

 

広く普及しているNTT関係の回線は、最高スピードが200Mbpsとなっていますが、auひかりの速さは5倍の最大スピード1Gbpsの能力があります。

2020年現在は変わってきている。最高速度は10Gbps。NURO光とauひかりがイチハヤクチャレンジ♪フレッツ回線も10Gbpsトライ

>>インターネット回線

もしかなり旧式のルーターを買い替えずに使い続けているのなら、光インターネットに対応している最近販売された新しいタイプのルーターを購入していただいたら、期待以上にネット接続の回線速度が速くなる可能性も十分にあります。

 

光回線を使用してネットに端末を接続することになるわけですから、どういった回線を使うのが望ましいのか、それぞれの比較が不可欠になってくるわけです。というわけで、このウェブサイトでは失敗しない光回線選びの注意点をご披露いたします。

 

以前からあるADSLだと接続する方の住所などによってはかなりインターネット接続の品質が落ちてしまいます。だけど、今度のフレッツ光の場合だと接続するエリアや場所にかかわらず、高速のまま一定の接続速度でインターネットを快適に利用することができます。

 

便利なネットの利用料金は、プロバイダーの回線接続スピードの違いでひどく違うものなのです。日本国内でNo1に普及中の知名度抜群のADSLの場合でも、月額でいうと1000円未満~5000円くらいというような色々な料金設定がほとんどのようです。

 

プロバイダーごとの料金を比較した一覧表を用意しているサイトもありますから、そんな便利なネットを使ったサービスを使っていただくことによって、十分に比較検討しておくといいでしょう。
高速通信のフレッツ光は、従前の方式であるADSを考えたら何円か高いプランになります。でも光だけに準備した回線を使用しインターネット接続するので、端末までの回線距離に左右されることなく高品質で安心の桁違いのスピードによる接続が利用できます。

チラシなんかも多い販売代理店が、やっているその店舗だけのキャッシュバックサービスはきっと見たことがありますよね。快適なauひかりをこれから申し込みするときは、タイミングよくこのお店独自のお得感がアップしているキャッシュバックの機会を貰える様にしないとダメですよ。

 

数多くあるプロバイダーの料金や速度などを詳しく比較して、参考になるランキング形式にまとめて提供しています。多くのプロバイダーの新規の申込・プロバイダー移転のキャンペーン他、プロバイダー選びをご紹介させていただいています。
最近大人気のauひかりは、何社もある光回線のブランドの中でも、利用できる範囲の広さや、あるいは提供サービスの観点から、最大勢力のNTTのフレッツ光との競争に対抗可能な高品質なインターネット利用環境を利用することができる事業者です。

 

インターネットに繋ぐために必要なプロバイダーなんですけれど、どのプロバイダーもそっくりのようでその実、異なるところがあるのが当然です。それぞれの目的ごとにピッタリ合っているサービスを提供しているかどうかに注意して比較すれば失敗しないのです。

 

機能の充実しているフレッツ光の新規申し込み時にプロバイダーはどこであっても、速度にはあまり差がないと言われます。というわけですから単純に利用料金だけを比較してみて選んでいただいても失敗はないでしょう。

ネット回線の料金や最近の傾向ってどんな感じだろう…2020年編

国内のたくさんのインターネットプロバイダーには、以前に行われたいろいろな調査機関による、様々な実際の利用者への操作性調査あるいは利用している機能の満足度調査において、ほぼ完ぺきな点数を叩き出したプロバイダーも存在します。
耳より情報です。今NTT東日本管轄では、新規に契約される場合に限り、フレッツ光導入の工事関連費用として支払うのと同じ金額を、割り引いて実質0円にするキャンペーンを実施しています。加えて2年の間別の毎月料金を割り引いて請求する取扱いも実施中です。

 

今時のデジカメっていうのは特に高価でなくてもとても高精細になっていて、その写真のファイルのサイズも古いものに比して、桁違いの膨大なデータによって構成されています。しかし大人気の光インターネットだったら大きなファイルもスピーディーに送れるのがうれしいです。
インターネットを利用してさまざまなコンテンツを楽しむことが多い人の場合は、毎月必要な利用料金がアップすることになっても、常時回線通信速度が一定の光を採用しなければ、支払いをするときになって悔やむことになるのではないでしょうか。

 

どんどんシェアを伸ばしているauひかりは、何社もある光回線の配線取扱業者の中でも、ほとんどの地域をカバーするサービスの範囲や、あるいは提供サービスで、最大勢力のNTTのフレッツ光が相手でも対抗可能な高品質なインターネット利用環境を展開している一番の注目株です。

さらに最近ではNURO光もぐんぐん伸ばしています。

ダークファイバー回線は超高速で注目度も高いです。

 

追加で申し込むオプションなしの「光回線と利用するプロバイダー」の申し込みのみでも、非常においしい利用料金の現金払い戻しか、人気ゲームやテレビなどをくれるフレッツ光サービスキャンペーンを年中やっているフレッツの販売代理店も見受けられます。
実は回線を光回線に変えていただくと、ご利用中のNTTとの契約の固定電話、基本通話料だけでもなんと1785円も請求されているんですよね。だけど光による電話に変更されるとたった525円という低料金で毎月OKです。

 

インターネット対応機器を実際にインターネット接続をするために不可欠なプロバイダーなんですが、あまり変わらないようでよく見ると相当、違う特徴をもっているのでわかりにくいところもあります。あなたにとって欠かせない機能にしっかりと目を向けて比較することが肝心です。
QoSが採用されたフレッツ光ネクストに装備された防御システムっていうのは、最終更新された有効な検出用パターンファイルを何も操作しなくても昼夜を問わず機能追加します。これによって余分時間を取られることなく、不正アクセスなどの脅威にすぐに反応して阻止できるわけです。

 

ネットプロバイダを変更するとどうなる?

インターネットプロバイダーをチェンジしたときに一番大切に考えたのが、通信のクオリティとプロバイダー利用料金。最後はこれら気になる条件を含んだインターネットプロバイダーの顧客満足度ランキングを使って確認してから、インターネットプロバイダーに頼むことにしたのです。

近年では光コラボがかなり契約者が多くなり、そこまでプロバイダ選びを悩む必要がなくなりましたが、以前ではそういった事態も必要でしたね。

光回線の場合、今までのADSLなどアナログ回線を利用したときのように、敷設された電気ケーブルの内側を通信のための電気が通らずに、光が通過するのです。ご存知のとおり光は段違いにハイスピードだし、通信を傷害する通話や他の家電のノイズも受けることがありません。

 

実はインターネットプロバイダーを他のプロバイダーに変更した際に、今使っているインターネットプロバイダーによって獲得したメルアドが必ずチェンジとなるので、重要なこの点は手続の漏れや見逃しがないように確実にチェックすることが大切です。
次世代ネットワークが使われている光ネクストとはNTTが提供している、利用者とプロバイダーとを高速で安定した光回線の能力を利用して快適に利用できるように結び付けるサービスなのです。なんと最大1Gbpsという素晴らしい接続速度が叶うようになったのです。

 

とにかくインターネットプロバイダーと所定の契約をして、やっと念願のネットにつながる仕組みです。電話ごとの番号が利用されるのと一緒でネットに接続するパソコンなどの端末にだって一つずつ別個の認識番号が決められるようになっています。
簡単に説明すれば、「ネットを利用する方にネット上のいわばスペースを準備してあげる」とか「世界中のインターネットにユーザーのデバイスを実際に接続する」ことをやってくれるのがインターネットプロバイダーである。

 

>>プロバイダと代理店違い